保育士です、人は見かけによりません


by ffqrtoignx

<諫早湾干拓>開門調査妥当の報告書 検討委が農相に提出(毎日新聞)

 国営諫早湾干拓事業(長崎県)に関する政府・与党の検討委員会(座長、郡司彰副農相)は28日、有明海の漁業不振の原因究明などのため、環境影響評価(アセスメント)を実施した上で、潮受け堤防の排水門を開門して調査することが妥当とする報告書を赤松広隆農相に提出した。赤松農相は報告書を尊重する方針で、開門に反対している長崎県を訪問し、理解を求めた上で5月中に開門調査の実施を表明する。

 報告書は▽開門調査の費用は政府が負担▽事前の防災・営農対策や漁業対策、必要な予算措置を明示▽営農や漁業に支障が生じた際の補償の考慮−−などを求めた。郡司座長は開門調査を妥当とした一番の理由について「(開門の賛否)両方が納得する意味で必要」と述べた。

 一方で、開門調査や事前対策の具体的な内容、方法、実施時期は盛り込まなかった。郡司座長は記者会見で、「私どもの範ちゅうを超えること。大臣判断の後、有識者らを含めて対策が練られるべきだ」と説明。調査期間については、1年以上の長期間が念頭にあることを明らかにした。対策に関する各委員の意見は公表せず、赤松農相に提出したという。

 報告書はまた、民主党長崎県連の西岡武夫委員(参院議員)と大久保潔重委員(同)が開門調査に反対し、結論は委員会の総意でなく座長の判断だったことを明記した。郡司座長によると、27日夜の会合で委員に対し、報告書の内容や提出時期などについて一任を求めたといい、「意見を重ねる中で、一定のところで『私に一任』の選択肢があると思って判断した」と述べた。

 報告書を受け取った赤松農相は「尊重しながら、反対の人にしっかり話を聞きたい」などと述べた。「5年間の常時開門」を命じた佐賀地裁判決を不服として、自公政権時代に国側が控訴した訴訟で和解する可能性については「あると思う。ただし、アセスメントの結果を待ってというのが(開門派、開門反対派の)共通の思いだ」と語った。【佐藤浩】

【関連ニュース】
諫早湾干拓:堤防開門へ…農相、近く表明
諫早湾:干拓事業開門 政府・与党検討委初会合
諫早湾干拓事業:開門調査へ 政府・与党方針、農相近く表明
井上ひさしさん死去:梅原猛さん、奥平康弘さんの話
諫早湾干拓事業:開門問題 政府・与党検討委結論へ 知事、警戒感示す /長崎

Microsoft 社内には 1 万人を超える iPhone ユーザーがいる
<建築確認>設計ミスを見逃した検査員らを処分 名古屋(毎日新聞)
「両さん像」全治10日で復活=マラカス交換し補強−東京・亀有(時事通信)
民家全焼2人死亡 足不自由な夫婦か(産経新聞)
<参院選>ネット選挙解禁に向け協議機関設置 与野党一致(毎日新聞)
[PR]
by ffqrtoignx | 2010-05-01 00:18